オイリー肌の方のための洗顔対策は?

脂性肌の人のための洗顔方法

別名オイリー肌とも言われる脂性肌は他の肌質に比べて皮脂の分泌量が多くなっています。 そのため毛穴トラブルも発生しやすく、毛穴が詰まってニキビができるなどテカリやベタつきも起こりやすいのが特徴ですね。

そんな脂性肌の症状を緩和するためには毎日の洗顔がポイントになります。 しかし、誤った洗顔方法を続けていると皮脂を必要以上に奪っていまい乾燥を引き起こす可能性もあります。 そうなると、洗顔の本来の役割は皮脂や汚れを取り除くことであるにもかかわらず、皮脂の分泌量がさらに増えてしまうのです。 症状を悪化させないためにも正しい洗顔方法を身につけておきましょう。

脂性肌の人は毛穴に皮脂が溜まりやすいので、まずは詰まった汚れを除去しやすい状態を作る必要があります。 そのため、顔を洗う前は温めたタオルを顔にのせてそのまましばらく放置し、十分に毛穴を開かせてください。 その後泡立てた洗顔料を顔にのせ、鼻や額などの皮脂量の多い部分から皮脂の少ないUゾーンへと順番に洗っていきます。

この時、ベタつきが気になるからといって肌をこすったりすると必要な皮脂が奪われて皮脂の分泌を促進してしまうので、らせんを描くように指の腹を使ってそっと汚れを落とすことが大切です。 すすぎにはたっぷり時間をかけるようにし、洗顔料の残留によるダメージを防ぎましょう。 ただし、皮脂の過剰分泌を防ぐためにも洗顔料はできるだけ刺激の少ないものを使い、お湯の温度も高温は避けて水かぬるま湯を使うようにしてください。

このような洗顔によるケアも必要ですが、オイリー肌の原因はバランスの悪い食事が続いているなど毎日の生活習慣が問題になっている可能性もあります。 誤ったお手入れ方法や紫外線などの外的刺激だけが原因とは限りませんから、ちゃんとケアしているのになかなか改善されないという方は生活習慣の見直しも一度行ってみることをおすすめします。