アミノ酸ってそもそも何?

アミノ酸について知ろう!

アミノ酸という言葉は食品やサプリんメントの成分名などで聞く機会も多いと思いますし、言葉自体には特別珍しいという感覚は抱かないと思います。 しかし実際アミノ酸がどのようなもので、どのような働きをし、なぜ必要なのかということまでをする機会は少ないです。 私たちに必要な成分であることは間違いないので、アミノ酸の秘密を知ることによって、より効率的にアミノ酸を摂取しましょう。

アミノ酸は私たちの呼吸など生命維持活動や運動に必要な筋肉を作るのに欠かせない成分です。 それそのものはとても小さいのですが、アミノ酸同士がたくさん結びつくとタンパク質になります。 アミノ酸同士が結びつくことをペプチド結合と言い、さらにそれらが結びつき合ったものはポリペプチドと呼ばれています。

タンパク質も元であるアミノ酸は私たちの体の20%を構成しています。 私たちに必要なアミノ酸は20種類もあるのですが、そのうち私たちは9種類を体内で作ることができません。

それを特別に「必須アミノ酸」と読んでいます。 具体的には、トリプトファン、リシン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジンです。 これらは食品から摂取しなければなりません。

別に、非必須アミノ酸のアルギニンは大人では体内で作られますが、乳幼児の場合は体内で十分な量が作られないため、不足を補う必要があります。 システイン、チロシンも同じような面があり、アルギニンと合わせて、「準必須アミノ酸」と呼ばれることがあります。

成分名まで挙げると専門家でもない限り難しい印象を受けてしまいますが、すべての名前を覚えなくても必須アミノ酸とそうでないものの存在を覚えておくことで食材選びやサプリメント選びに役立ちますので、そこだけは覚えておきましょう。